2008年05月15日

国の借金とは何か

国の借金とは何か

国の借金とは簡単に言えば、国債を発行したあと。

いったん公債がある年度に発行されると、5年なり10年なりの償還時まで毎年利子を

払いつづけなければなりません。

そして最終的には償還時に借りた元本をそっくり返済する必要があることから、

一般にこの元本返済のため、国際整理基金特別会計にあらかじめ減債資金を積み立てておかねばならない。

利子を含めた元利払いのための費用が国債費であり、注目すべきことは、

この国債費が21.7%と歳出予算の中で最も高いウエイトを占めている点である。

これは累年の借金の後始末を意味しており、

国民が最も重要と考える社会保障関係費を上回る規模になってしまったところに、

日本財政にみられる借金体質の深刻さがあるといえよう。

この借金依存の体質を改めようとする財政再建あるいは財政構造改革が、

21世紀に向けての大きな政策課題となってきている。

日本国は自転車操業そのものです、借金で借金を返しているのです。

日本国にはお金が足りないのです。

国の借金1000兆
posted by あちゃこ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96777553

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。